秋は抜け毛の季節、と聞いた事があるかもしれません。

単なるイメージでは無さそうで
統計的データからもその傾向があるそうです。

理由としてはやはり夏の間に蓄積したダメージが主の様です。

強い日差しに含まれる紫外線や発汗によって頭皮が弱まり
更に頭がべたつくので洗髪も念入りになりがちです。

それらの積み重ねが抜け毛となって現れるのでしょう。

この様に外的な要因も無視する訳にはいきません。

AGA対策の優先順位としては低いかもしれませんが
環境が毛髪に与える影響を知っておけば
ダメージを最小限に抑える事ができるでしょう。

帽子は日射病防止に大変有効ですが
同時に頭皮への紫外線を遮断してくれます。

ビジネスシーンでも特に違和感のないものは色々とありますので
ファッション感覚で使用しても良いでしょう。

また冬場も寒気にさらされて毛細血管が収縮する事から保護してくれますから
年間を通してかぶってみるのもお勧めです。

またAGAが進行している部分の毛根は
非常に弱っています。

適度の保湿がされていない状況では
皮膚を保護する機能が働きにくくなりますので
そのケアも必要になるでしょう。

頭皮が蒸れたり過度に乾燥したりしない
風通しの良い状態をキープし続ける事で
自律的に適切な湿度を保つ様にしておきましょう。

自分が不快と感じる環境は髪の毛も同様であり
日光や寒暖差、湿度で毛髪と頭皮が受けるダメージを軽減する事も
AGA進行の抑制には大切です。