AGA治療を受ける上で注意すべき事をまとめました

薄毛の悩みを解消する方法として、育毛剤の利用やマッサージなどもある程度は効果が期待できますが、髪がふさふさと生えてくるというものではありません。ある程度は「進行を抑える」のに役立つとは言えますが、髪の悩みがしっかり改善できる方法とは言えないものです。

よりしっかりと悩みを解消したいのであれば医療機関によるAGA治療も検討してみることをおすすめします。

AGA治療はいまではかなり進化しており、薬を利用するほかにもHARG療法や自毛植毛といったより高度な治療も行われています。こうした治療を行えば、かなりの改善も期待できますが、治療を受ける際には注意したいこともありますので、まずはどんな点を注意するのかも知っておきましょう。

保険が適用されないので治療費用はある程度高額になります

まず、こうした治療を行う場合は命にかかわるような病気ではありませんので、保険適用はされません。治療は自由診療となり、すべて実費となることは理解しておきましょう。

比較的安く抑えることができる治療では薬の内服、塗布などがあげられますが、こうした場合も月数千円~一万円前後は必要です。専門的な治療を行うクリニックの場合はオリジナルの治療薬やより詳しい検査を利用することもできますが、それだけ費用は高くなる傾向にあります。

継続的な治療が必要

薬での治療の場合も、効果が出るには数か月程度は必要とされていますので、すぐにやめてしまわずにある程度の期間は継続治療が必要です。

ある程度、治療を続けていけば良い改善が得られることもありますが、効果が出たらそれでAGAが完治しているというわけではありません。髪が改善されているのは、薬の効果によるものですので、AGA治療(薬の服用)はやめてしまうと、また少しずつ元の状態に戻っていきますので、場合によってはまた最初から治療をやり直さなくてはいけなくなることもあります。

体にしっかり作用する薬を使用する為、副作用もあり得ます

薬は安全性の高いものが使われているものの、やはり副作用が起こることもあり得ます。副作用には個人差はありますが、男性ホルモンの働きを抑えるような薬を利用した場合は性機能の低下がみられることもありますし、塗布するタイプのものでも肌に合わないと肌に赤味や炎症が起きてしまう可能性もあります。

薬はかなり長期に利用していくこととなりますので、副作用が強く出てしまう場合は、治療を続けることが難しくなってしまいます。

副作用の心配がないような治療もあるが更に高額

それから、自毛植毛などは医薬品を利用しませんので、副作用の心配はないものの、手術にはある程度体の負担もあります。さらに植毛はAGA治療の中でもかなり高額な治療となりますので、どれだけの費用が必要なのかもしっかり確認しておきましょう。そして、すぐに髪が増えるのではなく、髪が伸びるまである程度の期間待つ必要がありますし、ショックロスで一時期髪がより抜けてしまうこともあります。

まとめ

AGA治療は薄毛改善にとても役立つ治療ですが、長期に継続治療が必要ですので「薬による体への影響」や「長く治療を続けていける費用であるか」等しっかり確認しておくことが大切です。