丈夫な髪の毛を育てる為には、これまでの習慣を見直す必要がある場合もあります。

一番いけないとされるのが喫煙です。

ニコチンには血管収縮作用がありますので
循環器系全般に悪い影響があります。

頭皮の血行にも良くないとされています。

更に解毒に大量のビタミンを消耗しますので
その分毛髪育成がおろそかになってしまいます。

できれば禁煙を心がけたいものです。

また過度の飲酒も避けた方が良いでしょう。

アルコールの分解過程で作られるアセトアルデヒドが
悪酔いの原因とされる事はよく知られています。

これを分解する為には酸素が必要となります。

結果として血管から供給される酸素量が減り
その影響は頭皮にも及びます。

またアルコールの分解自体でも必須アミノ酸が消費されます。

髪の毛の材料が無駄に費やされる事になるので
育毛の面からみればマイナスです。

ただ適量であれば血行を促進し
ストレスを和らげる働きもあります。

無理のないペースでの飲酒であれば
それほど真剣に悩まなくても良いでしょう。

アルコール摂取と関係しますが
酒の肴は脂っこい食べ物が多く
酔いも手伝って沢山食べてしまいがちです。

悪酔いを防止する為には有益なのですが
脂質過多になれば頭皮の皮脂にも影響が現れます。

また高コレステロールの素材によって引き起こされる高脂血状態は
毛細血管への円滑な栄養供給の妨げとなります。

揚げ物等をおつまみにするのはほどほどにして
たんぱく質を多く含む料理を積極的に選ぶようにしましょう。

どれもAGAを直接進行させるものではありませんが
生活習慣の積み重ねはボディブローの様に効いてきます。
できる所から改善する事が大切でしょう。