異常なほどに抜け毛が増え、結果として薄毛が進行する症状として男性型脱毛性が知られています。この男性型脱毛症はAGAと呼ばれ、現在では医療機関における治療の対象にもなっています。

AGAはその原因が特定されていることもあり薬物療法の適用がすでに始まっています。これは男性のみの治療法であるというのが現状ではありますが、薄毛に悩む多くの人の希望の光となっている治療法の1つです。

このAGA治療を行うためには自ら病院に赴いて治療受ける意思を示さなければなりません。ドラッグストアなどで気軽に薬を購入できると言うものでは無いのです。

AGA治療で使用される薬はプロペシアと呼ばれる名前の飲み薬を使うことが多いのですが、この薬は全ての脱毛症または薄毛に有効であると言うわけではありません。あくまでも男性型脱毛性に有効性が認められている薬であると言うのが現実なのです。

ある種の男性ホルモンの機能抑制すると言う効果が期待できる薬を使うため、間違って女性が使っていることに非常にリスクがあるのです。そのため医師が直接診察をし、薬を飲むことが有効であると言う判断をして初めて処方される飲み薬なのです。

AGA治療の対象となる男性型脱毛症は遺伝的要因を持っている症状である事は間違いありません。しかし現実的な問題としてそれだけでは無いのです。遺伝的な要因に加えて生活習慣なども密接に関連して抜け毛につながっていると考えるのが正しい見解であると言えるでしょう。そのためAGA治療においては症状が発生しないように予防すると言うことも大切です。

例えば禁煙は薄毛や抜け毛の予防としては必要なものであると考えられています。髪の毛に栄養を運ぶ毛細血管は喫煙習慣によって細く痩せてしまうことがはっきりとわかっています。このことは髪の毛を痩せ細らせることにもつながっています。

禁煙による効果も非常に大きなものであることが期待されるため、薄毛治療するのであればできる事は全て行うようにする方がより望ましい結果につながると言えるでしょう。治療を考えるのと同時に、何らかの予防を意識することが効果的であるといえます。

先述した通りAGA治療で行われるのは抜け毛を促進するホルモンの働きを抑制するということです。これが主な原因であると言う事ははっきりとしているものではありますが、髪の毛が生えやすい、また育ちやすいような環境作りをすることも薄毛の改善にはとても重要なことであると言う認識を持たなければなりません。

AGA治療の目的は抜け毛の予防です。遺伝的要因が抜け毛の原因になっている事は間違いありませんが、それが全てではありません。生活習慣の中で抜け毛を促進する要因が他にあるのであれば合わせて対策をする必要があるのです。禁煙をすることにより髪の毛に栄養が届きやすい環境作りをすると言う事は、薄毛の予防に対してとても意味のある行動であると言えるでしょう。