抜け毛、薄毛は遺伝する、という話を聞いたことがあるという人もいるでしょう。
私たちの体は両親から引き継いだ遺伝子で作られており、髪の毛もその例外ではありません。

人種によって髪の色や質感が全く異なるのを見たりすると
AGAも遺伝の運命から避けられない様に思えます。

しかし、私たちが両親のどちらかと瓜二つでは無い様に
別の個体であるのも確かです。

髪の毛の質が親譲りだとしても
それがAGAにまで至るには複合的な要素が絡み合っています。

遺伝的要素としては
他にもテストステロン等のホルモンバランスを受け継ぐ事もあるでしょうが
それ以上に生活する環境が大きな影響を与えると考えられています。

例えば汗腺の発達ですが
これは遺伝的要素と幼少期の気候環境によって大きく変わると言われています。

毛根につながっている組織ですから
その機能が働いているかどうかで毛穴の状態も変化するでしょう。

結果として新陳代謝が適切なサイクルで繰り返される事を阻害する要因にもなります。
ですので、全てを遺伝に結び付けて考えるのは少々無理がありそうです。

潜在的にその遺伝子を持っていたとしても
発現しなければ持っていないも同様です。

髪の毛が生える仕組みはとても複雑ですが
AGAに関して言えばその原因物質の特定とそれに対する療法は普及しつつあると言って良いでしょう。

親がそうだったから、と早合点する前に
まずは予防を心がける事と、チェックを欠かさない事
疑いがあったら専門家に相談する事をお勧めします。