撮影された人の年齢を測定するスマホのアプリをご存知でしょうか。

実際にやってみたという方もいると思います。

もちろん実用性は高くないのですが、若く判定されて喜んだり
そんなに老けて見えるかと落ち込んだりと、話題の種にはなるでしょう。

使った人の感想では、どうやらそのアプリが年齢を判断する基準にしているのが
顔のシワと頭髪らしい、との事です。

これは私たちの常識からみても納得できます。
逆に言えば、そういう特徴(シワが多かったり、髪が薄かったりという特徴)がある方は
実際よりも歳を取っている様に見える、という事でもあります。

見た目が全て、という事はありませんが
それでも歳相応に、できればより若々しく見られたいものです。

でも年齢を重ねれば髪の毛が抜けたり薄くなったりするのが当たり前なのですから
ある程度は仕方がない話ではあります。

ただその抜け毛、薄毛に若いうちから悩まされている方がいるのも事実。
そしてその原因として最も多いのがAGAです。

Androgenetic Alopeciaを略記したもので
日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれる事が主な様です。

これは単なる加齢だけではなく、様々な要因で髪の毛の成長が阻害される…
という頭髪の症状として知られる様になってきました。

髪の毛は抜けたとしても、また生え変わる力を持っています。

ですので、何らかの原因で髪の毛が無くなっても
時間が経てば元に戻るのが普通です。

しかしAGAは進行性の脱毛症です。

一度そういう状態になってしまうと
何もしなければそのまま二度と発毛しないのです。

以前は太くてコシがある髪の毛だったのに
抜け毛が細くなってきたな、と感じ始めたら注意です。

それはAGAの進行が始まったサインかも知れません。

進行性である、という事は、早めに手を打っておけば
それ以上は食い止めておけるという事でもあります。

また今は大丈夫、と考えていても
予防措置を講じておけばAGAの発症を遅らせる事もできます。

まずは自分の髪の毛の状態をチェックして
気になるようであれば気軽に専門医に相談する事をお勧めします。

いつまでも若々しく、は贅沢でも
歳相応に見てもらえる為の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。