もしも薄毛を発症してしまった時には、自分で育毛などを続ける方法もありますが、薄毛治療専門クリニックなどを受診して効率良く症状を改善するのが最適と言えるでしょう。

これらの医療機関を受診した際、まず多くのクリニックで行われるのが血液検査と遺伝子検査です。特にこの遺伝子検査は重要で、薄毛の進行の仕方などからAGAの疑いが強まっている時でもこれを行ってしっかりとAGAの可能性について見定めてからでないと、効果的なAGA治療を行うことはできません。

とはいえ、遺伝子検査によってAGAかどうかを特定することは今の医療技術では不可能です。この検査ではあくまでAGA治療に用いられる薬剤でもあるフィナステリドによってどのような反応が出るのかを確かめることによって発症の有無、または将来的な発症の可能性を読み解きます。

さらに遺伝子情報などをチェックすることでその発症リスクがどの程度あるのかを計算します。そして重要なのは治療に用いられるフィナステリドによって副作用が出るのかどうかを確認することができるということ。

この時に感受性があまりに強い場合には初期脱毛やあるいはホルモンへの影響などが出る可能性があります。こう言った検査を最初に受けておくことによって治療法の策定の上でも大きく役立つのです。