最近、よく目にするAGAとは、何の事だかご存知でしょうか?ここ数年、一般的に使われるようになった「AGA」とは、「男性型脱毛症」のことで、主に男性ホルモンの影響によって、思春期以降に薄毛やハゲが進行する症状のことです。

現在の薄毛と抜け毛の9割以上が、このAGAだと言われていて、病院での治療が効果的とされています。しかし、残念ながら、現在病院での薄毛治療は、そのほとんどが健康保険の適用外です。そのため、薬代はもちろん、毎回の診察費用や検査費用も自己負担となるため、薄毛の治療費は高額になってしまいます。

厚生労働省が保険を適用するのは、放っておくと生活に重大な支障が生じる病気や怪我と定められています。

薄毛は、放っておいても命に関わる病気ではないため、保険の適用外となっているのです。重大な精神的ストレスが原因で生じる円形脱毛症と皮膚の炎症から生じる脱毛症には、保険が適用されていますが、単に「生え際が後退してきた」や「抜け毛が増えた」等のAGAについては、その治療が絶対に必要なものではなく、あくまでも個人の主観や希望で行う美容整形と同じものと捉えられ、保険がききません。

一般的なAGAの治療には、薄毛の進行を止める内服薬や、発毛を促す内服薬が処方されます。薬代と診察費用とを併せると、8千円から2万円程度かかる場合が多いようです。また、植毛と言って、頭皮に自分の毛や人口の毛を埋め込む治療法があります。

外科手術を伴う治療ですが、こちらも治療費は自己負担となり、数十万円の高額な費用を払わなければなりません。研究と技術が進んだ近年では、髪の発毛に必要な成分や成長因子を頭皮に注射して、発毛機能を蘇らせるHARG(ハーグ)という治療法があり、発毛率が99%と効果が高いため人気がありますが、これもまた、高額な治療費(100万円以上)が発生します。

では一体、「薄毛を治療したいのに、自己負担だとお金がかかって困る!」という方は、どうすればよいのでしょうか?

例えば、内服薬の治療を試してみる方は、ジェネリック薬品をお願いするという方法もあります。ジェネリック薬品は、同じ有効成分を含んでいながら値段が安くなっていますので、医師に頼んでジェネリック薬品を処方してもらえば、薬代が安くできます。

また、診察代が自己負担だということは、それぞれの病院によって値段が違うということです。中には、診察代が無料のところや、カウンセリングが無料というところもありますので、事前にじっくり下調べしておいて、そうした病院に行くのも、ひとつの手段です。

そして何よりも、薄毛やハゲの対策は、医師や病院に頼るだけが全てではありません。育毛シャンプーや育毛剤の他、市販のサプリメント等でも、薄毛やハゲを改善する方法があります。

現在ある商品に加えて、研究と開発が進むにつれ、新しい効能や成分が加わった商品が発売されます。また、現在は適用外ですが、将来的にAGAの治療に保険の適用が拡大される可能性もありますので、薄毛やハゲ対策についての報道や情報こまめにチェックすることをおススメします。