男性ホルモンのテストステロンは、男らしい体を作るだけでなくヘアサイクルにも影響を与えるもので、AGAになる人は毛根付近に多く存在する酵素の一種5αリダクターゼとテストステロンが結びつくことで発生してしまう、ジヒドロテストステロンが毛乳頭の働きを阻害し邪魔してしまうことが関わってきます。

毛が十分に成長しないうちに抜ける状態に移行してしまうため、治療方法として用いられるのは薬による治療が多くなっています。AGA治療のために開発されたプロペシアは、フィナステリドという有効成分が使われていて、5αリダクターゼを阻害してくれる働きがあります。テストステロンと結合することが抑えられるため、ジヒドロテストステロンの発生も抑制することにつながり、徐々にヘアサイクルを正常な状態にしていきます。

薬の種類は他にもあり、ミノキシジルは主に血管拡張作用や毛細血管の造成作用が期待できるもので、毛根への血流を回復させることで、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素の供給が十分に行われるようにするために使用されます。毛根が弱ってしまっている人に、効果が期待できます。

薬の利用は1種類だけではなく、複合的に使うことで効果が期待できる場合があります。医師の処方や指示に従って利用することが大切で、プロペシアやミノキシジルは個人輸入代行などで、安価なものを海外から取り寄せる事が可能ですが、真偽が不明な場合もあって、偽物の服用を続けてしまうと副作用の危険も出てきます。出来る限り信頼性のあるところから購入するために、クリニックから処方を受けて調剤薬局等で購入したほうが安心できます。

正しい使い方をしないと毛髪の回復を目指すどころか、体に負担がかかって悪影響になることもあるため、必要以上に使わないようにしないと余計に毛が失われてしまう可能性もあります。

毛根の状態などを調べて、薬プロペシアやミノキシジルの使用では髪の毛の回復が見込めない状態のときには、自毛植毛による治療方法も用いられています。健康な髪の毛が生えてくるための毛根が失われてしまった部分でも、自毛を生やさせるためにAGAになりにくい後頭部などから必要量の毛根を採取して、丁寧に植え付けていくもので、専用の装置を利用すればドナー採取時に大きく頭皮を切開する必要がなく、植毛も正確に行うことが可能で、毛の流れを把握しながら健康な毛根だけを使うことができるようになるため、定着率も高くなります。

一般的には薬の治療によって効果が出ない場合には自毛植毛の治療方法に移ることが多いですが、初めから自毛植毛を希望すれば対応を行ってくれるクリニックもあります。優れた装置が導入されていても、医師が使いこなせていなければ、仕上がりが綺麗にならずムラができてしまったり、納得できる生え際を形成してもらえない場合があります。装置の操作に慣れていて、生え際のデザインをしっかりと希望通りに再現できる技術ある医師のところで施術を受けるべきです。