多くの男性にとって薄毛の発症はとても辛いもの。これを改善するためにはまず、薄毛に至った原因を早急に見極めた上で、その症状に即した治療やケアを開始することにあります。その意味でも薄毛治療専門クリニックを活用して発毛治療を受けることは大きな効果をもたらすことでしょう。

とりわけ薄毛の原因として大きく注目を集めているのがAGAという病気です。これは男性ホルモンと頭皮付近にある5αリダクターゼという特殊な酵素が反応してDHTという物質を作りだし、毛乳頭にある感知機能がこれらの存在を察知することで頭髪の成長を阻害する作用が引き起こされるというものです。クリニックではまず遺伝子検査や血液検査によってAGAを発症している可能性を見極めた上で、患者の予算や希望、頭皮の状態、体質などを総合的に勘案して治療方法を決めていきます。

プロペシア

そこで最も使用されているのが飲み薬や塗り薬による治療です。ここではプロペシアという錠剤が一般的に用いられますが、これはフィナステリドという成分を含んだAGA治療の特効薬であり、これを服用すると5αリダクターゼの働きが抑制されることで男性ホルモンとの反応が減少しDHTの分泌も少なくなります。こう言った作用が頭髪の成長サイクルを正常化へと引き戻し、順調に発毛、育毛が進んで行く状態をもたらすのです。

ミノキシジル

また、プロペシアとともによく併用されるのがミノキシジルを配合した塗り薬です。これを薄毛を発症している部位に塗ると頭皮の毛細血管が拡張され、そこに流れる血液の量が増加することによって頭髪にもたらされる栄養分の量も増加。これまで栄養不足に陥っていた毛乳頭に過不足なく栄養が供給されるので毛母細胞の細胞分裂も活発化して、AGAによって成長が妨げられていた頭髪が順調に育っていくこととなります。

自毛植毛

ただし、これらの飲み薬や塗り薬による治療は効果が出るまでに半年から1年ほどの長期間を要することもあり、薄毛治療専門クリニックではその他の種類の治療方法も展開して、早急に薄毛を改善したいという患者のニーズに応えています。例えば自毛植毛もその中のひとつと言えるでしょう。

これはAGAの影響を受けていない健康的に育った部位の自毛を丁寧に毛包ごと採取して、それを薄毛部分の頭皮に小さな穴を開けたところに植え付けて植毛していくという手法のこと。この場合、遺伝子情報なども同一の自毛を植え付けていくこともあり、定着率がとても高いのが大きなメリットです。順調に定着すればこの先も一生ものの頭髪として育てていくことが可能となります。

その他の治療方法

また、他にも成長因子や栄養分をカクテル上に混ぜ合わせた液体を頭皮に注射して頭皮環境の改善や毛母細胞の活性化を促すという手法も人気を博しています。この治療法では2週間から一ヶ月おきくらいに全部で10回ほどの注射を続けることによって薄毛の改善効果が見られます。このようにAGAによる薄毛は患者のニーズによる様々な治療を受けることで克服することが可能なのです。