頭の毛が薄くなって、いわゆるハゲと言う状態になってしまっているという人は、ある程度お年を召した方たちに多いのは確かなことです。

しかし、若ハゲという言葉があることから分かるように、例え若い世代の人たちであっても、段々と髪の毛が少なくなってしまうことは決して珍しくありません。

若ハゲが生じる原因としては、仕事などによる精神的なストレス、睡眠不足などの不規則な生活などもあるのですが、特に多いとされているのがAGAです。

AGAは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロンに変化し、それによって髪の毛の正常な成長が阻害されることで起こる薄毛の症状のことです。

このAGAが始まる時期には個人差があり、30代から50代の男性に多いとは言えるのですが、早い人では10代の後半から始まることもあります。

このAGAの進行速度は、基本的にそう早いものではないのですが、適切な手段を講じなければ確実に進行し続けてしまいます。

また若い人の中には遅くまで遊んだり、また働いたりして睡眠時間が足りなかったり、外食が多くて栄養が偏ったりする人もいるでしょうが、そういった生活はAGAの進行速度を速める原因となるので注意が必要です。