頭髪にまつわる悩み、薄毛や脱毛は男女問わず発生し得るものです。その中でも男性に多いとされているのがAGAです。これは文字通り、男性型脱毛症と訳される頭髪にまつわる症状です。特徴として、頭頂部にOの字を描くようにして薄毛、脱毛が発生する、または額の両端から剃り込みを入れてMの字を描くようにして薄毛、脱毛が広がっていくと言うことが挙げられます。

またこのどちらもが症状としてあらわれることもあります。進行性であることから、対策をとらないとどんどんと薄毛や脱毛の部位が広がっていくと言うのもAGAの特徴のひとつです。思春期以降の男性であれば、発症し得る症状とも言われています。

AGAが発症する原因ですが、これはひとつではなく、様々な原因を挙げることができます。まずは遺伝、そしてジヒドロテストステロンと5αリダクターゼです。ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一種です。

これには非常に強い皮脂分泌作用があるとされています。そのためこのジヒドロテストステロンが過剰に分泌されてしまうと、毛穴が皮脂で詰まってしまったり、頭皮の環境が悪化しやすくなります。また髪の毛のもとである毛母細胞の分裂などを妨げる作用もあることから、結果、発毛や育毛のサイクルが乱れてしまったり、発毛がうまく行われにくくなってしまい、薄毛などが発生しやすくなると言うのがメカニズムです。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンが特定酵素と結合することで発生します。その特定酵素の正体が5αリダクターゼです。そしてこの5αリダクターゼに関しては、その活性および受容体に対して遺伝的な要因があるとされています。

つまり人によって5αリダクターゼがどれくらい活発であるかどうか、またそれをどれくらい受容するかが異なると言うことです。ですからAGAに関しては、必ずしも遺伝は無関係とは言えないと言われています。

そして生活習慣も原因のひとつです。生活習慣はまた、育ってきた家庭において大きく異なることも珍しくありません。ですから本来の意味とは異なりますが、親から受け継いできた、あるいは慣れ親しんできた生活習慣と言う意味で、ここでも遺伝が関係していると言うことができます。

たとえば食生活が乱れていたり、その内容に偏りがあったりすると毛母細胞に行き届く栄養にも偏りが出やすくなります。髪の材料であるタンパク質などが不足していると、髪が生えてきたとしても、細い髪、ダメージに弱い髪であることも多くなります。

また睡眠時間が極端に短かったりすると、発毛や育毛のために必要なホルモンの分泌利用が低下してしまいます。そして喫煙習慣があったり、日頃から強いストレスにさらされていると血の流れが滞りやすくなります。

すると毛母細胞に栄養が届きにくくなり、発毛や育毛がうまく行われにくくなることが考えられます。

更に喫煙、ストレスともに自律神経に対して影響が大きく、自律神経は発毛に対しても作用を及ぼす神経です。よってこれらの生活習慣があると、AGAに発症するリスクは高くなると言えます。