20代の女性で、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。

原因としてまず挙げられるのが、ストレスです。近年では男性と同じように働く女性も多いです。仕事のストレスに加えて、不規則な生活リズムでは、ホルモンバランスを崩し、薄毛の原因となります。

2つめに、食生活の変化です。脂肪分の多い食事は、髪に悪影響を与えて、薄毛になりやすいです。また、仕事が忙しくて運動不足でいると、身体に脂肪が蓄積されます。

3つめに、髪への直接的なダメージです。20代はカラーやパーマをかけている女性もいます。しかし、髪へのケアを怠ると、抜け毛や薄毛の原因になります。

抜け毛や薄毛の予防や改善を行うには、体内のホルモンバランスを整えることが大切です。

そのためには、まず生活リズムを一定に保つことです。早寝早起きを心がけることをオススメします。朝早く起きることで、時間に余裕を持って準備が出来るので、ストレスの軽減にも繋がります。

また、朝の光を十分に浴びることで、体内時計がリセットされます。寝る前にパソコンや携帯電話を見ると、眠れなくなるので控えることをオススメします。シフトなどで勤務時間が不規則な人は、なるべく起きる時間を一定に保つように心がけることです。翌日が午後から出勤の場合でも、朝は同じ時間に起きることで、体内時計が一定に保たれます。

2つめに、ヘッドスパです。最近はヘッドスパを行う美容院が増えています。定期的に頭皮マッサージを行うことで、抜け毛や薄毛を軽減することも出来ます。また、薬局では自宅のお風呂でヘッドスパを行える商品を販売していることもあります。

3つめに、適度な運動です。日常生活の中に運動を取り入れることで、身体の血流が良くなり、ホルモンバランスを整えることにもなります。仕事で忙しい人は、勤務時間の中で運動できる場面があるか振り返ることをオススメします。

例をあげると、普段はエレベーターを使っているが、階段で移動するといったことが挙げられます。大切なのは、すぐに切り替えるのではなく、週1回から行い、段々運動する場面を増やすことが、長く続けられるコツです。地方在住の場合は、洗車や雪かきが大きな運動になります。

4つめに、食事です。バランスのとれた食事を取るように心がけることに加えて、ゆっくり良く噛んで食べることで、満腹感を得やすくなります。

まとめ

加齢に伴い抜け毛や薄毛は目立ちやすくなります。20代のうちから髪のケアやホルモンバランスを整えることを心がけることで、抜け毛や薄毛の予防や改善になります。