AGAの原因はあくまでDHTによる発毛阻害です。

ですが同じ病気にかかっても
体の弱い方が重症になりやすい事からも分かる様に

髪の毛そのものが健康でなくては
発症や進行を抑える事にはなりません。

まずはAGAになりにくい、なっても進みにくい頭皮と毛根の状態をキープする様にしたいものです。

一番肝心なのは、頭皮に余分な皮脂を溜め込まない事でしょう。

汚れを取り込んで毛穴に詰まるだけではなく
酸化する事で毛根にダメージを与えると言われています。

これはきちんとした洗髪で容易に防ぐ事ができるものなのですから、第一に取り組んでおきましょう。

また紫外線による日焼けも注意が必要です。

日焼けは軽い炎症なのですから
普通の皮膚よりもデリケートな頭皮にとって良いものではありません。

日差しの強い日中には帽子等で直接紫外線が当たる事を防ぐか
頭皮・頭髪用のUVカットスプレーの使用をお勧めします。

事前にそれらが準備できなかった場合でも
早めの手当てをするべきです。

ケアは普通の日焼けと同様に
冷やすのが一番です。

冷水を含ませて固く絞ったタオルで頭を包み
軽くマッサージするだけでも頭皮のダメージは変わってきます。

また冬場等の乾燥する時期には保湿も欠かせません。

頭皮には適度な湿度が必要です。
一番良いのは毎日入浴して頭皮に湿り気を与える事です。

それが難しい場合には、整髪料を付ける前に
保湿ローションを頭皮全体になじませておくだけでも効果が期待できるでしょう。

毛根がベストコンディションを保つ事ができる様に、日頃から備えたいものです。