薄毛対策と食事内容と聞くと、直接的な関係は薄いのでは、と考える方も多いかもしれません。しかし人間の体は、食べ物から摂取した栄養によって作られています。これは頭髪にも当然、あてはまることであり、頭髪の成長にも大きく関係しています。

ですから薄毛対策の一環として食事内容にこだわること、その栄養素に配慮することは重要なことです。では薄毛対策のためにはどのような栄養素を摂取するのが望ましいのかと言うと、まずは頭髪の素となるタンパク質、亜鉛です。

タンパク質は頭髪だけではなく、人間の体のありとあらゆる素となる成分です。そのため人間の健やかな体作りには欠かすことができない成分なのですが、特にこの中でもメチオニンと呼ばれる成分は、頭髪の素のひとつになっています。

これは必須アミノ酸であるため、体の中では生成されません。そのため食事から摂取することが必要です。そして亜鉛ですが、これには頭髪の主成分であるケラチンの合成を促進する作用があります。ですから亜鉛が不足すると、頭髪が弱くなった、細くなったりして抜け毛などが進行してしまう恐れもあります。

タンパク質は肉、魚、卵、乳製品に含まれている動物性のものと、大豆食品に豊富に含まれている植物性のものとに分類されます。特に女性の方は、女性ホルモンの減少が薄毛につながることもあります。

よって女性ホルモンと疑似構造をしているイソフラボンが豊富に含まれている大豆食品、植物性タンパク質からの摂取が望ましいです。

亜鉛はレバーや牡蠣、アーモンドなどに豊富に含まれています。それから、薄毛対策のためには頭髪の成長を促進することが重要であり、そのためには頭髪の毛母細胞の分裂がしっかりと行われることが必要です。

そのためには身体の細胞の代謝を促進させ、細胞分裂を活性化する作用があるとされている栄養素、ビタミンB群の力を借りることが効果的です。

ビタミンB群とは、レバーや大豆食品、緑黄色野菜などに含まれているビタミンB2、カツオ、マグロ、イワシ、サバと言った魚類に含まれているビタミンB6などがその一例です。

このふたつのビタミンB群には、皮脂の過剰分泌を抑制する作用があるとも言われています。ですから特に男性の方で、頭皮の皮脂分泌が過剰になっている方は、このふたつを積極的に摂取するのが望ましいです。

また毛母細胞に必要な栄養が届くためには、血液がしっかりと流れていることも必要です。

そのためには、毛母細胞を拡げ血流を促進させる作用があるビタミンEを摂取するのが望ましく、これはナッツ類やゴマに豊富に含まれています。