福岡市博多区にある、JR博多駅筑紫口から歩いておよそ2分のところに、福岡三井中央クリニックがあります。この、福岡三井中央クリニックは、AGA治療の専門クリニックであり、泌尿器科、美容外科や形成外科、皮膚科などの診療も行っています。
福岡三井中央クリニックの院長は、数多くの学会の会員資格を有しており、日本毛髪科学協会の会員でもあります。また、自ら薄毛の症状に悩み、治療を続けられています。福岡三井中央クリニックで行われているAGA治療には、内服薬と外用薬を用いての治療や、HARG(ハーグ)療法、グロースファクター再生療法などがあります。
HARG(ハーグ)療法は、頭皮の毛根に毛髪を再生するために有効な成分である、ビタミンやタンパク質、アミノ酸などのさまざまな成長因子の薬剤を頭皮に注入して、毛母細胞を刺激させ発毛を促進させます。このHARG(ハーグ)療法は、麻酔も必要ないくらいに痛みが軽減されたものとなっています。費用は、頭部の1/3トライアルで80000円、通常1回で120000円、6回セットで480000円になります。
また、グロースファクター再生療法は、頭皮にダーマスタンプと呼ばれる、極細の針がついた器具を頭皮にあてて極小の穴をあけます。そこに、発毛そして育毛に良き影響を与えてくれる、成長因子を浸透させていくものです。この、グロースファクター再生療法とHARG(ハーグ)療法は、AGA治療の最先端技術といわれているようです。グロースファクター再生療法の費用は、1回の治療で60000円、4回の2か月コースで200000円となっています。
初診料と再診・診察料、カウンセリング料は無料となっています。初めて治療を開始される方は、血液検査代で3000円の費用が必要になります。多くの人は、6か月継続治療をされて効果を実感されているようです。気になる方は、無料のカウンセリングを受けて、相談されてはいかがでしょう。