朝シャンをする人は最近ではとても一般的になっているといえます。朝シャンをすると、髪の毛のスタイリングも楽になりますし、夜も髪の毛を乾かすという手間がはぶけて、楽だから、朝シャンにしているという人も少なくないことでしょう。

昔は、お風呂の作りなどもあって、朝に髪の毛を洗うことは簡単ではなかったため、朝に髪の毛を洗う人は少数派だったかもしれません。しかし、便利な給湯器が普及したことや、髪の毛を洗いやすいような大型の洗面台が一般家庭にも広く普及したことによって、多くの人が手軽に朝シャンをすることができるようになってきました。

ところが、朝シャンを続けていくうちに、抜け毛の量が増えてきたと感じる人もいるようです。たとえ、いつ髪の毛を洗ったとしても、髪の毛は抜けるものですし、髪の毛は生え変わっていくので、それほど深刻に考える必要はないのかもしれません。しかし、朝に髪の毛を洗うことによって、明らかに抜け毛の量が増えたと感じるのであれば、そこには何らかの原因があるに違いありません。

実際、抜け毛が増える原因が、朝に髪の毛を洗うことにある、というわけではないはずです。問題なのは、髪の毛がどういう状況で朝までおかれているのか、という点にあるのです。つまり、日中、髪の毛にムースやワックスなどの整髪料をつけてスタイリングをしていて、それらの整髪料を落とさないで就寝してしまうということが抜け毛の原因につながっていると考えられるのです。

睡眠というのは、髪の毛や地肌にとっても、大切なものです。ですから、地肌がしっかりと呼吸できるような、きれいな状態に戻しておくことが大切なのです。ところが、そこに整髪料などがついたままになっていると、時間と共に酸化したり、成分が変質して、地肌に悪影響を与えることになります。それが地肌のトラブルになり、抜け毛へとつながっていくのです。

健康な状態でも一日に50本程度抜けるのは正常な範囲内といわれています。ですから、髪の毛が抜ける量が気になったら、地肌に汚れを残したままにしていないかという点に気を付けることが大切です。また、シャンプーする際のお湯の温度にも注意が必要です。できるだけ、ぬるめのお湯で洗うように心がけましょう。

そして、髪の毛を洗ったら、ドライヤーでしっかり乾かすようにすることも大切です。ドライヤーの熱は、髪の毛や地肌にとって、決して良いものとはいえないかもしれませんが、髪の毛をしっかりと乾かさないでいると、地肌が常に湿った状態になり、雑菌が繁殖して、結果的に抜け毛が増えることになってしまいますから、ドライヤーを使う際には、あまり高温にならないように気を付けて、手早く、しっかりと内側の髪の毛まで乾かすようにしましょう。

ドライヤーを使う際に、ケラチンが配合された洗い流さないトリートメントのようなものを髪の毛や地肌にスプレーしてからドライヤーをかけるようにすると効果的です。