AGAの進行は複数の要因が絡んでいます。
自分ではどうしようもないものもありますが、備えをしておく事で進行を遅らせる事もできます。

よく言われるのが、精神的ストレスでしょう。
円形脱毛症の様に一時的脱毛の主因ともされており
AGAも同様と考えられています。

ただ社会生活を送っている限り
何らかのストレスにさらされない訳にはいきません。

ですから、定期的に心の緊張をほぐす為の
自分なりの方法を見つけておきたいものです。

また加齢だけではなく
ストレスによってもホルモンのバランスは崩れます。

男性ホルモンが優位になれば
それが毛母細胞に働きかける可能性が高まる事になります。

精神的安定が元気な髪の毛と強い因果関係にあるとされている理由のひとつでしょう。

不摂生もAGAに関わりがあるとされています。

不規則な生活は、昼に交感神経が働き
夜に副交感神経が働くというサイクルを崩してしまいます。

その身体的ストレスが
精神面に悪い影響を与える事は容易に想像がつくでしょう。

同時に偏食によって髪の毛の材料となる栄養や
発毛を手助けしてくれるビタミン、ミネラル類が摂取できていなければ
毛髪を作る事ができません。

とは言っても仕事等で無理が重なれば
理想的な睡眠や食事を毎日続ける事はかなり難しいのが現状です。

ですがこれは髪の毛の問題だけではなく
自分の健康に関わる事です。

栄養面は不足分をサプリメントで補ったり
眠る前にリラックスタイムを作って
自律神経のサイクルが狂わない様にしたりという工夫が必要になるでしょう。