AGAの治療にはフィナステリドの内服処方に加えて、ミノキシジルが配合された薬を外用薬として使用する場合が多い様です。これはフィナステリドがAGAの進行を抑制する効果が主なのに対し、ミノキシジルは発毛自体を促進する働きがあるからです。逆にミノキシジル単体ではAGAに対する効果は低いと言われており、大抵は併用される様です。
ミノキシジルは血管拡張剤として、アメリカでは1960年代から使われていました。これも発毛効果が認められた為、1980年代にアメリカ食品医薬品局から認可が下りて商品名ロゲインとして発売されました。日本では第一類医薬品として大正製薬から発売されているリアップがよく知られています。
ミノキシジルを体内に取り入れると何故発毛が促進されるのかについては、実はまだ未解明とされています。血管が拡張される事による効果と考えられていますが、他の拡張剤では有意な効能が現れないので、それだけが理由ではなさそうです。また本来は内服薬として用いられていましたが、低血圧等の循環器系異常の副作用が強い為、育毛を目的とした場合外用薬として使用します。ミノキシジルが配合された内服薬(ロテニン等)は海外では売られており、クリニックによってはそれを医師の責任の下で処方する場合もあります。これも個人が入手して自己判断で服用するのは危険が伴います。
また塗布の場合であっても使用量を間違えると皮膚のかぶれ等のアレルギー疾患を起こす場合もあります。かえって頭皮を傷める結果になってしまいますので、専門家の指示に従って使用する事が望ましいと言えます。