医薬品部外品の育毛剤でAGAを治療することはできるのでしょうか?

結論から述べれば、医薬品部外品による育毛剤によってAGAを改善することは難しいことであると言えます。

これには、AGAの根本的な症状が関連しています。AGAは、通常の抜け毛の症状と違って、その人が生まれたときから持っている男性ホルモンのバランスによって将来的な薄毛が決まってしまう脱毛症状のことを意味します。

薄毛で悩んでいる人の中には、仕事のストレスや日常生活の乱れや疲れによって髪の毛が抜けてしまう人も多いです。AGAの発症患者と言うのはそれらの人たちとは異なっていて、生まれたときから将来的な薄毛のリスクが高いという特徴があります。

そして、こうした脱毛症を治療するためには生まれついて持っているホルモンバランスを改善して、男性ホルモンによる脱毛症状を抑えるように医薬品を利用しなくてはいけません。

実際に、AGA治療における療法というのはそのほとんどが医薬品に依存したものになっているので、医学的にはっきりと効果があると判断されているものを使わなくてはいけません。

もちろん、医薬部外品であっても頭皮の健康状態を良好にするものはあるのでその点は誤解をしないようにしておきましょう。