生物の細胞は自身を増殖・分裂させる事によってその機能を維持しています。

古くなった細胞を新しく作られた細胞で置き換える新陳代謝と言われるものです。

日頃は全く気にしていませんが、そのお蔭で体を正常に保つ事ができるだけでなく
傷ついた場所の修復もされるのですから生命の不思議には驚かされます。

しかし細胞は新陳代謝の度に少しずつ遺伝情報が損傷していきます。

細胞の種類によってその回数は異なりますが
最終的には正しい複製を作る能力を失ってしまう事になります。
これがいわゆる老化です。

これは毛髪を作っている毛母細胞でも同様です。
この細胞はおよそ50回程度が分裂の限界とみられています。

ただ健康な状態の細胞の寿命は2年以上と言われています。

単純計算で最低100年は分裂を繰り返す潜在能力は持っています。

ですが新陳代謝を繰り返す事によって
その能力は徐々に衰えていきます。

結果として、髪の毛は少しずつ細く
短くしか伸びなくなるのです。

その様に細胞そのものが弱くなっているのですから
若い頃よりも入念なケアが必要になる事が分かるでしょう。

AGAに対する耐性は歳を取る度に下がっていると考えておくべきです。

細胞分裂の回数をリセットする事はできませんが
毛根にダメージを受けない様にして
老化を遅らせる事は中高年になってからでも間に合います。

もちろん若い方も新陳代謝を促進させればAGAになる確率は上がるのですから
正しい知識に基づいたお手入れを欠かさない事が肝心です。