AGAにお悩みの方に伝えたいこと…声を大にして伝えたいこと

ズバリこれです。「薄毛の進行に気付いた今、今こそ行動すべき時!出来るだけ早く診察・治療を受けましょう!」

AGA治療を受ける場合は、早期に診察・治療を受けることが望ましいです、AGAの早期診察・治療がなぜ必要かを説明しますと…
簡単に言えば進行性が強くて、一度AGAで減った毛母細胞は再生しにくく、自然治癒がほとんど望めないからです。

一度AGAを発症すると、何も対処しなければ確実に薄毛が進行していくので、できるだけ早く対処すべきです。
また、一度減ってしまった毛を生成する毛母細胞は、機能を失うよりも再生させるために時間が掛かるので、毛母細胞が死滅する前の毛がやせ細っている段階で治療を始めた方が、治療効果も期待でき、治療期間も短くすみます。つまり、治療費用も比較的安価に抑えることが出来ます。

毛母細胞の発毛メカニズムを説明を交えてもう少し詳しく説明します

ヘアサイクルは毛母細胞の休止期を経て、成長期で毛が伸び、退行期に抜けます。通常の健康的なヘアサイクルの場合は、毛の成長期が2年から6年で、AGAが進行した場合は、この期間が数か月から1年と短くなることで毛髪の量が減っていきます。

AGAが進行して毛が薄く産毛のようになっているのは、毛母細胞自体は生きているけど、成長期がかなり短くなっているだけです。ほとんどのAGA治療は、毛母細胞の成長期を短くしている要因をブロックして、成長期を長くすることで毛髪量を増やしていく治療です。早期に診察を受ければハゲている箇所の細胞が生きている可能性が高く、進行がかなり進んでからよりも当然回復が見込めるのです。

さらに人間の細胞は通常の場合で、再生する回数は40回から50回ぐらいと言われてます。毛母細胞においても同じで、発毛メカニズムで説明すると…AGAを発症していれば、成長期が数か月から1年と短くなるので、10歳代や20歳代で発症すれば、早い場合で50歳代から60歳代で細胞が完全に死滅して毛が生えてこなくなります。その状況を避けたいのであれば、自己解決はほぼ不可能だと諦め、即座に専門病院で相談することを強くおすすめ致します。