男性型脱毛症、通称AGAは医療機関で治療することによって改善できる可能性があります。治療は薄毛治療の専門病院や一般の病院でも受けることができますが、どちらの場合も投薬治療が中心となり、そこで使われているのがミノキシジルです。

ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、その効果によって毛髪の成長環境を整える役割が期待できます。実際に様々な育毛剤にも使用されており、AGAの治療薬の代表的な存在ともいえるでしょう。

ただしミノキシジルにも副作用がないわけではありません。医療機関で用いられている薬ですので、基本的には安全性が確認された薬ではありますが、それでも体質や既往症によっては身体に思わぬ影響が及んでしまう可能性がありますので、使用上の注意点についてはしっかりと確認しておくことが必要です。

副作用についてはいくつか確認されています。よくみられるのはかゆみや発疹などの皮膚症状です。

含有量が比較的少ない市販の医薬品でもこの症状は報告されています。薬との相性は人によって異なりますので、こればかりは使用してみないとわからないところもありますが、使用後にこのような症状が出た人は使用を中止して医師に相談したほうがいいでしょう。何らかのアレルギーを持っている人は特に注意が必要です。

また副作用との相関関係が確実に立証されているわけではないのですが、心臓や肝臓の機能に対しても影響が及ぶことも指摘されています。

心不全や肝機能障害などの症状を訴える人もいますが、市販の医薬品などの使用でこのような事態が引き起こされることはごくごくまれなケースと言えるでしょう。

このようにミノキシジルの副作用は皮膚の炎症などが中心となっており、重篤な事態になる可能性はかなり低いのが現状です。

ただしこれらの副作用は外用薬として利用した場合のものです。内服薬としてミノキシジルを含む薬を利用した場合は副作用の危険性も高まります。

内服薬はより効果的に薬の成分を利用することができるのですが、これは言い換えれば悪い影響も増大されてしまうということなのです。

内服する場合は上記に記したもののほかに動悸やめまい、倦怠感という症状が報告されています。もともと育毛剤として内服薬を認可している国はなく、高血圧治療の薬として販売されているものを育毛用に利用しているだけですので、危険性は高まります。

すでに高血圧の薬を飲んでいる人や普段から血圧が低い人などがミノキシジルの内服薬を服用すると、血圧が下がりすぎて命に危険が及ぶ可能性も否定できないので、自己判断だけで薬を利用することは控えましょう。アルコールと同時に摂取するのも危険が伴います。

最近は薬の個人輸入代行サイトなどで簡単に育毛剤を購入することができますが、それらの使用による影響はすべて自己責任となります。安易な素人判断で購入するのではなく、情報を集めて慎重に検討してから利用することが大切です。