加齢がAGAの間接要因であるとすれば
AGAを引き起こす直接要因がホルモンです。

体の成長やバランスの為に体の色々な臓器から分泌されるものであり
本来は私たちが生きていく上では欠かせない存在です。

ですが年齢を重ねる事によって
もう必要が無くなったにも関わらず分泌され続ける事によって
思わぬ影響が出てくるものもあります。

直接的に関わっているのがジヒドロテストロン(DHT)です。

これが毛乳頭細胞の受容器(レセプター)にある程度の期間にわたって取り込まれると
毛母細胞に毛髪の生産を抑制する様にブレーキをかけてしまうのです。

実はDHTは、よく男性ホルモンとして名前が挙がる
テストステロンから水素が奪われた(還元された)状態のものです。

テストステロンは筋肉や骨の発達には不可欠なホルモンで
主に睾丸で生産されます。

思春期から急激に量が増えるので
男性の性ホルモンとしては代表的なものであると言えるでしょう。

そのテストステロンから還元酵素5α-レダクターゼがDHTを作り出しているのですが
DHT自体は妊婦の胎内での男性器の生成に使われる等、不可欠な存在です。

またテストステロンよりも強い男性ホルモンとして働きますので
成長したからといって必ずしも不要なものではありません。

ただ5α-レダクターゼにもⅠ型とⅡ型があり
後者が作り出すDHTがより強くAGAに関与すると言われています。

その比率は加齢によって後者が優位になる傾向があり
そのバランスの乱れがAGAにつながると考えても良いでしょう。