薄毛治療に効果があるとされる「プロペシア」「ミノキシジル」と「市販の育毛剤」の違いについて解説します

男性脱毛症のAGAは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンに変わり、それが毛母細胞の働きを抑制することが原因で起こります。

そこで薄毛治療には、5αリダクターゼの出現を抑えたり男性ホルモンの分泌を調節する働きがある薬が有効とされています。

また毛髪の生育に十分な栄養をいきわたらせるために頭皮の血流をよくするための薬も有効になります。

AGAの治療薬に関しては日本皮膚科学会が、薄毛の改善や対策に有効とされる様々な成分や方法に対して、多くの臨床データをもとに有効性や副作用を考慮して、どの成分や対策法が有効であるかをAからDのランク別に分けて記した「男性型脱毛症診療ガイドライン」を作成しています。

その中でAランクとして最も勧められているのが「プロペシア」と「ミノキシジル」です。

「プロペシア」と「ミノキシジル」それぞれの効能について

プロペシアはフィナステリドともいってもともとは前立腺治療に使われる薬で、内服をすることで男性ホルモンの量を調節したり5αリダクターゼの出現を抑制する働きがあります。

ミノキシジルはもともとは高血圧の薬で、外用することで頭皮の血管を拡張し血液を毛母細胞にまで十分行きわたらせるという働きがあります。

しかしこの二つの有効成分、プロペシアとミノキシジルは医師の診断のもとで処方をしてもらうことになります。…ですから、この治療薬が必要なときには専門医の診断を受けることが必要です。

市販の育毛剤や育毛シャンプーにも毛髪の生育に必要な成分が配合されている場合もありますが、それらの成分に関しては男性型脱毛症診療ガイドラインでCランクとされています。

市販の育毛剤に含まれる成分は何故Cランク?

臨床結果あまり有効性がなかったことや副作用が多く出たことなど根拠があって判断されたものもあれば…
臨床データが少ないあまりに、有効性が高いとか副作用が少ないという判断をするには根拠が無いと判断された為です。

そういった成分はまだAランクとして強く勧めることはできないためにCランクとされているわけです。

薄毛治療は、根拠ありとされるAランク分類の治療方法を

Aランクと分類されている「プロペシア内服薬」と「ミノキシジル外用薬」にはきちんとしたデータ・根拠があって、日本皮膚科学会から「強く勧められる」と分類されているのです。
強く勧められると分類されているだけあり、専門医から処方してもらい服用を続けているAGA患者の多くに「また毛が生えてきた」という実証例がたくさん出ているのです。

これらのことからも高い確率での発毛を期待したい場合は、市販の育毛剤よりも専門医の診察を受けて、Aランクに推奨されている二つの薄毛治療薬を処方してもらって使い続けるほうが良いでしょう。

またAGA専門クリニックであれば、その二つの治療薬だけでなくオリジナルの治療薬を用いて直接頭皮に注入するといった治療方法も用意していたりします。短期的には市販の育毛剤を使用するよりも治療代は高額となりますが、長期的に見た場合安上がりとなり得ますし、発毛効果にも比較した場合より大きな期待が持てます。(もちろん効果には個人差がありますので必ず専門医に相談するようにしましょう)