「育毛」と「発毛」は違う!あなたは現状維持で良いんですか?

普段何気なく使っている「育毛」や「発毛」という言葉には、それぞれの意味に大きな違いがあることをご存知でしょうか。また、「これを使っていれば毛が生えてくる」と思って、何気なく薬剤を使用していたりしませんか。この2つの言葉の意味をしっかり理解せずに使用している方は、もう一度その意味を理解して使用する薬剤を考えるべきかもしれません。

育毛は「現状維持」発毛は「再び毛を生やすこと」を意味します

育毛とは

育毛とは、頭皮環境を整えてあげることで抜け毛を予防し、現在生えている髪の毛を抜けないように成長させていくことを指します。従って、髪の毛が抜けきってしまい全く生えてこない環境では、毛を育てることはできないということになります。

毛を育てることを目的にした対策用品としては、「育毛剤」があります。この薬剤の特徴は、頭皮の毛母細胞や毛根細胞に働きかけることで、細胞を活性化させ頭皮の新陳代謝を活発にします。新陳代謝が良くなることで、頭皮の血行が良くなり毛の成長が促進されます。また同時に、毛穴周辺への雑菌の繁殖や炎症なども抑える効果もあるため、抜け毛を予防することもできます。

最近ではこれらの効果をシャンプーに配合したものも登場しており、薬剤と共に使用することでより高い現状維持効果を得ることが期待できるようになりました。育毛剤は、まだ頭皮に毛がある状態から使用することが重要で、頭皮に髪が残っていない方には効果を得ることはできません。

発毛とは

一方発毛とは、頭皮から毛が抜けてしまったいわゆるハゲの状態から、頭皮環境を改善して再び髪の毛を生やすことを指します。従って、「発毛治療」とは現在薄毛の状態にある人であっても効果を得ることが期待できる治療になるわけです。

発毛剤について

薄毛対策用品の代表的なものには「発毛剤」があります。これは、髪を作る毛母細胞を活性化させることがあります。毛母細胞を活性化させる成分は育毛剤にも含まれていますが、その成分には大きな違いがあり、医療的に認められている成分が含まれているのが医薬品の発毛剤になります。最もポピュラーな成分には「ミノキシジル」や「フィナステリド」などがあります。

医療的に認められている成分が配合されているこれらの薬剤は、薬事法では医薬品として分類されているものが多いです。ただし、効能が高いものは医師の処方が必要となります。医薬品であっても、ドラッグストアなどで処方箋がなくても購入することができるのもあり、第一類・第二類・第三類などの医薬品であれば購入が可能です。

薬剤を使い分けるには、自分の頭皮が今どのような状態なのかを見極める必要があります

髪の毛は十分にあるが、最近になって抜け毛が気になるようになったのならば育毛剤を、一方、頭頂部の毛が薄くなり頭皮が見える状態ならば発毛剤を使用するようにします。発毛剤も、より高い効果を得たいのであれば、医師の処方により購入することをおすすめします。

まずは、自分の頭皮が現状維持で良いのかどうかをしっかり見極めておくことが大切であり、間違った認識をしている場合にはただちに対策をとることが、これ以上髪の毛を失わない最善策となります。

その為に「薄毛治療専門の病院へ無料カウンセリングを受けに行く」という行動を当サイトで一番推奨しております。