薬事法で定められている「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」それぞれの違いについて

ドラッグストアなどに行くと、医薬品や医薬部外品など、様々な種類のものが置いてあります。一見同じような商品なのにどこが違うのかと不思議に思った方も多いはずです。医薬品と医薬部外品の違いは明確に存在し、そのあたりのことを厚生労働省がきっちり決めており、薬事法と呼ばれるもので定められています。

医薬品について

医薬品ですが、当然ながら病院で処方される薬が該当し、他にも薬局などで売られている風邪薬などもその対象となります。配合されている有効成分の効果が認められているもの、そして病気の治療や予防に使われるもの、これが医薬品です。これらを流通させるには厚生労働大臣の製造販売に関する承認が必要です。これがないと、効能や効果を謳って販売することができず、それをした場合には薬事法違反として処罰の対象となってしまいます。

医薬部外品について

一方の医薬部外品ですが、効果や効能が認められた成分が配合されているのは同じでも、病気やケガの治療に効果を発揮するためという意味合いよりも、病気やケガの予防に積極的に使われる商品のことを指します。

例えば、吐き気や不快感、口臭の防止、あせもやただれの防止、脱毛の防止などがあります。これらに該当する商品としては、薬用歯磨き粉、薬用クリーム、育毛剤などがそれにあたります。医薬部外品の場合、商品に含まれる有効成分の効果や効能を宣伝することができません。

つまり、様々な有効成分が入っていたとしても、この有効成分は、この部分に効果を発揮するといったことを商品のパッケージに記入するなどのことができないのです。宣伝などでも予防に特化した作りになっていますが、こうしたことも理由の1つとなっています。

化粧品について

これとは別に化粧品がありますが、同じ歯磨き粉でも医薬部外品の部類に入るもの、反対に化粧品の部類になるものなどと分かれます。本来、化粧品とは体を清潔にし、皮膚や毛髪などを健やかに保つことなどが求められています。

以前は化粧品であっても厚生労働省の許可などが必要でしたが、これが撤廃され、各メーカーの自己責任の下、商品で使用された成分をすべて公表することを条件に自由に販売されるようになりました。もちろん、何を配合してもいいというものではなく、事前に配合していい成分というものが決められており、それに沿って製造されるようになっています。

医薬部外品との違いでいえば、あまり大差はないように感じますが、違いとすれば薬用成分が配合されているかどうかの違いです。予防という観点からいえば、ほとんど狙いは同じと言えます。

薬事法の役割

薬事法でこうしたことをきっちりと決めておくことで、世に出回る薬の安定的な供給を図ることができます。これがないと、なんでもありになってしまい、大変危険な状態となってしまいます。特に薬は知らず知らずのうちに服用し、重大な健康被害をもたらすことも大いに考えられます。こうしたことにならないよう、厚生労働省では薬事法によって管理を行っているのです。